• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      韓国首相「環境整い南北首脳が会うことを期待」=正恩氏妹らに

      2018/02/11 15:26

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は11日、ソウル市内のホテルで開かれた北朝鮮高官代表団との昼食会で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪朝を要請したことについて、「良い環境が早期に整うよう、南北が積極的に努力しなければならない。国際社会も支援してほしい」として、「環境が整い、南北首脳が会うことを期待する」と述べた。

      昼食会で乾杯する(奥、右から)金与正氏、李首相、金永南氏(国務総理室提供)=11日、ソウル(聯合ニュース)
      昼食会で乾杯する(奥、右から)金与正氏、李首相、金永南氏(国務総理室提供)=11日、ソウル(聯合ニュース)

       昼食会には北朝鮮側から金委員長の特使で妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長のほか、代表団の団長を務める金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長ら10人が出席。韓国側からは趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官や都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部長官ら12人が参加した。会場は和気あいあいとした雰囲気だったという。

       李首相は「平昌五輪はわが民族と世界に長く記憶される歴史になった」との見解を示した。五輪開会式で南北選手団が合同入場したほか、文大統領と金与正氏らが握手を交わし、アイスホッケー女子の南北合同チームの試合を共に観戦したことを取り上げ、「これらの全てが少し前までは想像もできなかった。しかし、現実となった」と評価した。

       また、「平昌五輪は小さな出発だ」として、「平昌五輪で開かれた対話の機会を五輪後も生かしていかなければならない」と強調した。

      kimchiboxs@yna.co.kr