• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      北朝鮮のテコンドー演武団 2月12日にソウル市庁舎で公演

      2018/01/31 16:15

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は31日、平昌冬季五輪(2月9日開幕)に合わせて北朝鮮が派遣するテコンドー演武団が2月12日午後2時からソウル市庁8階の多目的ホールで韓国演武団と合同公演を行うと発表した。市民らのための観客席は200〜300席ほど用意される。

      昨年6月、全羅北道庁で技を披露する北朝鮮のテコンドー演武団=(聯合ニュース)
      昨年6月、全羅北道庁で技を披露する北朝鮮のテコンドー演武団=(聯合ニュース)

       北朝鮮主導の国際テコンドー連盟(ITF)の演武団が板割りや護身術などを、韓国主導組織の世界テコンドー連盟(WT)の演武団が板割りや型などをそれぞれ25分ずつ披露した後、10分間の合同公演を予定している。

       公演に参加するITF団員は北朝鮮の李勇鮮(リ・ヨンソン)ITF総裁をはじめとする役員と選手団34人で構成される見通しだ。

       南北のテコンドー演武団は、2月14日にはソウルのMBC本社のホールで公演する。また、これに先立ち同9日には平昌五輪開会式の事前公演、10日には江原道・束草の江原進路教育院で合同公演を行う。

       ITF演武団による韓国での公演は2007年(江原道・春川とソウル)と17年(全羅北道)に続き3回目。

      tnak51@yna.co.kr