• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      韓国会社員の7割 有給完全消化できず=旅行サイト大手

      2017/12/30 09:00

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】旅行サイト世界大手のエクスペディア(米国)が韓国の20〜50代の会社員1000人を対象に今年の有給休暇の使用状況を調査したところ、およそ10人に7人が今年付与された年次休暇を全て消化できず、11月23日現在で平均4.8日残っているとの結果が出た。

      ワークライフバランスを重視する若者が増えている一方、年次休暇を消化できない会社員が多いことが分かった(エクスペディア提供)=(聯合ニュース)
      ワークライフバランスを重視する若者が増えている一方、年次休暇を消化できない会社員が多いことが分かった(エクスペディア提供)=(聯合ニュース)

       回答者のうち付与された年次休暇をまだ使い切っていない人は69%で、15日以上残っているという回答者も10%に達した。

       今年中に年次休暇を使い切れなさそうだと答えた人は34.3%、年次休暇を1日も使えなさそうだという人は16.4%だった。

       残りの休暇を使用できない理由として「業務が多く仕事から離れられない」(40.9%)と答えた人が最も多かった。続いて「周囲の目が気になって」(28.6%)、「他の人と休暇の日程を合わせるのが難しいから」(13.8%)などの順だった。

       「職場で休暇申請を却下されたことがある」という人も回答者の27%に上った。

       すでに年次休暇を使い切ったという回答者は、20代が36.3%で最も多かった。

       エクスペディアは「仕事と日常のバランス『ワークライフバランス』を重視する若者層が増えていると解釈できる」と説明した。

      ynhrm@yna.co.kr