• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      今年のR&D投資 サムスンが世界4位=上位100社に日本企業16社

      2017/10/30 08:30

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】米大手会計事務所プライスウォーターハウス・クーパース(PwC)のストラテジーアンドが30日までに公表した報告書によると、サムスン電子は今年127億2000万ドル(約1兆4460億円)を研究開発(R&D)に投資し、調査対象の1000社のうち4位となった。アジアの企業で唯一トップ10入りした。

      サムスンのR&Dキャンパス(同社提供)=(聯合ニュース)
      サムスンのR&Dキャンパス(同社提供)=(聯合ニュース)

       アマゾンが160億9000万ドルで首位となり、グーグル持ち株会社のアルファベット(139億5000万ドル)、インテル(127億4000万ドル)と続いた。

       サムスンは2013年から4年連続で2位だったが、4位に後退した。ただ、05年以降から20位以下に落ちていない9社に含まれた。

       上位100位に入った韓国企業はサムスンのほか、LG電子(48位)、現代自動車(79位)、SKハイニックス(84位)の計4社にとどまった。米国企業が40社で最も多く、日本企業はトヨタ自動車(11位)など16社が含まれた。中国企業は6社だった。

       「最も革新的な企業10社」ではアルファベットが首位。サムスンは昨年と同じ6位となった。

       今年は1000社のR&D投資額が計7016億ドルとなり、前年比で3.2%増となった。日本が5年ぶりに増加に転じ、最近の景気回復基調が反映された一方、数年間2桁の伸びを続けた中国は3.3%減となった。

      kimchiboxs@yna.co.kr