• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      起亜自動車が10年ぶり営業損失 賃金訴訟の引当金計上で=7〜9月

      2017/10/27 14:33

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国の起亜自動車が27日発表した7〜9月期の連結決算によると、営業損益は4270億ウォン(約432億円)の赤字だった。「通常賃金」を巡る訴訟で敗訴確定時にさかのぼって支給することになる給与など約1兆ウォンを損失引当金として処理したためで、四半期ベースで営業損失を計上するのは10年ぶり。通常賃金に関する費用を除くと、7〜9月期の営業利益減少率は10%台だと同社は説明している。

       売上高は14兆1077億ウォンで前年同期比11.1%増加した。世界販売(工場出庫ベース)は69万28台で、前年同期比0.8%増加した。

       1〜9月の業績を見ると、賃金を巡る訴訟などが影響し、営業利益は3598億ウォンで前年同期比81.4%急減した。売上高は1.8%増の40兆5300億ウォン。多目的レジャー車(RV)などの販売が増え、販売単価が上昇したためとみられる。

       1〜9月の世界販売は205万1985台で前年同期比6.6%減少した。米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備を巡るあつれきなどで、中国での販売が40.9%の大幅減となった。米国販売も需要が鈍り6.9%減少した。

       韓国国内販売は、個別消費税の引き下げ措置終了により上半期に需要が鈍化した影響で前年同期比2.3%減となった。

       ソウル中央地裁は8月末、起亜の労働組合員が会社を相手取り給与の追加支給を求めた訴訟で、残業代などの算定のベースとなる通常賃金に賞与が含まれるという労組側の主張をほぼ認め、会社側に4223億ウォンの支払いを命じた。

      tnak51@yna.co.kr

      関連写真