• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      6カ国協議の韓米首席代表が会合 米「韓米間の調整が最優先」

      2017/10/20 10:51

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】北朝鮮核問題を巡る6カ国協議の韓国首席代表を務める外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長が20日、ソウルの外交部で米国首席代表のジョセフ・ユン国務省北朝鮮担当特別代表と会合を持ち、対北朝鮮の連携について調整を図った。

      握手を交わす李氏(右)とユン氏=20日、ソウル(聯合ニュース)
      握手を交わす李氏(右)とユン氏=20日、ソウル(聯合ニュース)

       李氏は先月首席代表職に就き、ユン氏との2カ国会合は初めて。李氏は「一昨日の(韓米日の首席代表による)3カ国協議に続き、昨日(の韓日首席代表会合)も良い討論ができた」とし、「われわれ3カ国の協力が一層強化されていると思う」と強調した。

       ユン氏は「韓米が一つとなり、しっかり調整することが最優先」と述べた。11月初めのトランプ米大統領の訪韓、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議や東アジアサミットの開催などを挙げながら、磐石な共同アプローチを講じるために対話し立場を調整する機会は多いとした。

       両首席代表は北朝鮮が9月3日に6回目核実験、15日に弾道ミサイル発射を強行した後、挑発を1カ月以上控えていることについて北朝鮮の意図を分析し、新たな挑発の可能性に関し情報を交換したようだ。また、トランプ氏の来月の訪韓を機に韓米が共同で発信する北朝鮮向けメッセージと強力な制裁・圧力を含む外交的な取り組みを通じ、北朝鮮の挑発を抑止し朝鮮半島情勢を安定的に管理する方策も話し合ったとみられる。

       韓米日は18日に外務次官協議と6カ国協議首席代表会合を開いたのに続き、19日に韓日、20日に韓米の6カ国協議首席代表が会合し、北朝鮮に対する3カ国の緊密な連携を確認した。

      mgk1202@yna.co.kr