• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      韓国 けさのニュース(9月13日)

      2017/09/13 10:00

      Article View Option

      ◇北朝鮮 安保理の制裁決議採択に反発「全面排撃する」

       北朝鮮は13日、「外務省報道」を発表し、北朝鮮の6回目核実験を受け国連安全保障理事会が採択した新たな制裁決議を「わが共和国の正々堂々たる自衛権を剥奪し全面的な経済封鎖でわが国家と人民を完全に窒息させることを狙った、極悪非道な挑発行為の産物」と非難しながら、「峻烈(しゅんれつ)に断罪、糾弾し、全面排撃する」と威嚇した。朝鮮中央通信が報じた。

      安保理は前日、北朝鮮に対する新たな制裁決議を全会一致で採択した=(聯合ニュース)
      安保理は前日、北朝鮮に対する新たな制裁決議を全会一致で採択した=(聯合ニュース)

      ◇最高裁長官候補 国会で人事聴聞2日目

       韓国の国会は13日、大法院長(最高裁長官)候補に氏名された金命洙(キム・ミョンス)氏に対する人事聴聞を進める。2日目のこの日、野党は金氏の過去の活動を取り上げ、政治的な偏向が見られるとして追及することが予想される。これに対し与党は、司法改革を進める上で金氏が適任と強調する見通しだ。

      ◇情報機関の退職者150人以上が政治工作関与か

       李明博(イ・ミョンバク)政権時代に情報機関の国家情報院(国情院)が民間人を動員してインターネット上で政治的な書き込み工作を行ったとされる問題で、国情院退職者の団体「ヤンジ会」の会員による工作チームで活動していた人たちが150人以上だったとことが13日、分かった。国情院の旧弊清算に向けた作業部会や検察によると、この工作チームを取りまとめていたヤンジ会の元企画室長がこのように報告した。

      ◇貯蓄銀行 家計向け貸出残高が過去最多に

       韓国銀行(中央銀行)は13日までに、7月末時点の貯蓄銀行全体の家計(個人)向け貸出残高を20兆1864億ウォン(約1兆9700億円)と発表した。同統計を取り始めた2007年12月以降で最も多く、初めて20兆ウォンを超えた。貯蓄銀行の貸出金利は普通銀行に比べ4倍以上高いにもかかわらず、貸出が増加している。

      ◇ソウルのマンション取引 9月は前月の半分以下

       ソウル市が運営する不動産情報サイト、ソウル不動産情報広場によると、9月のソウルのマンション取引(届け出ベース)は12日までで2624件だった。1日当たりの平均取引件数は218.7件と、8月(482.9件)の半分にも満たず、昨年9月(361.3件)に比べても6割程度にとどまる。政府が投機目的の住宅取引を規制する目的で8月初めに発表した不動産対策が影響しているようだ。

      ◇頼る先もないのに… 単身世帯の所得が3四半期連続減

       統計庁は13日までに、4〜6月期の単身世帯の月平均名目所得を164万2540ウォンと集計した。前年同期に比べ2.0%減少し、3四半期連続マイナスとなった。昨年からの雇用の冷え込みで、臨時・日雇いの仕事が減った影響とみられる。単身世帯は若者や高齢者が大部分を占める。その所得は全世帯の平均の45%程度だ。

      ◇家庭での乳幼児養育の手当 来年も引き上げられず

       乳幼児を託児所に預けず自宅でみる場合に支給される家庭養育手当が、来年度(1〜12月)も月10万〜20万ウォン程度にとどまることが13日、分かった。保健福祉部は家庭養育手当が託児所保育料支援金を大きく下回るため適正水準に引き上げる必要があるとの認識を示していたが、2018年度予算案で家庭養育手当の支援単価は据え置かれた。

      ◇中国の中秋節連休 韓国観光業界には恩恵なしか

       中国の10月初めの中秋節連休に合わせ、中国人が一斉に海外旅行に出掛けると見込まれるが、韓国の免税店や観光業界の表情は晴れない。中国は米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に強く反対しており、中国からの韓国旅行客が減っているためだ。