• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      韓国外相が北朝鮮に警告 「挑発は不安定と経済的苦難伴う」

      2017/09/11 16:51

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は11日、ソウル市内で海外メディア向けの会見を開き、「国際社会の平和愛好国を露骨に無視した北の持続的な挑発には、不安定と経済的苦難という対価が伴う」と警告した。

      康長官(資料写真)=(聯合ニュース)
      康長官(資料写真)=(聯合ニュース)

       康長官は、韓国政府は北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」という国際社会の共通の目標を平和的に達成するための努力を引き続き展開していくとし、「その過程は簡単ではないだろうが、忍耐と根気、韓米合同防衛態勢と抑止力に対する確固とした信念の下で根気強く前進していく」と述べた。

       北朝鮮が3日に6回目の核実験を行ったことに対しては、局面の転換を通じて北朝鮮の核問題の外交的解決のために新たな機会を開こうとした韓国と米国、国際社会の期待に冷や水を浴びせる行為だったと述べ、韓国政府は北朝鮮に対する経済的圧力を強化する新たな制裁措置を盛り込んだ国連安全保障理事会決議の採択に向け、米国やその他の安保理理事国と協力していると説明した。

       康長官は対北朝鮮政策関連の韓米協力について、「最大限の圧力と関与」という米政権の対北朝鮮政策は、北朝鮮の挑発に対して強力な制裁を通じて断固に対応する一方、対話のドアは開かれており、北朝鮮が非核化の道を選べば北朝鮮に体制の保障と経済的協力を提供する準備ができているとの持続的なメッセージを送る韓国政権の政策と調和すると述べた。

       また、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後の4カ月間、北朝鮮問題に関する韓米の協力は各レベルでこれまでになく頻繁で緊密に行われてきたとし、「しかし、残念なことに北は引き続き韓国政府や国際社会の要請とは正反対の方向に走っている」と指摘した。

      ynhrm@yna.co.kr