• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      記事一覧

      文政権の通商交渉本部長が就任 韓米FTA改定交渉で陣頭指揮

      2017/08/04 16:36

      Article View Option

      【世宗聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の初代通商交渉本部長(次官級)を務める金鉉宗(キム・ヒョンジョン)氏が4日、就任式に臨んだ。

      就任式で宣誓する金鉉宗氏=4日、世宗(聯合ニュース)
      就任式で宣誓する金鉉宗氏=4日、世宗(聯合ニュース)

       金氏は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で外交通商部(現・外交部)の通商交渉本部長として米国との自由貿易協定(FTA)締結交渉を率いた経歴を持ち、約10年ぶりに同じ役職に復帰した。

       通商交渉本部は保護貿易主義の台頭に対応し、通商交渉力を強化する狙いから、産業通商資源部の傘下機関として約4年ぶりに復活した。金氏は米国が求めているFTAの改定交渉で指揮を執ることになる。

       金氏は就任のあいさつで、米国との交渉を念頭に「受動的で守勢に回ったゴールキーパーの姿勢は今すぐ捨てるべきだ」と強調した。

      tnak51@yna.co.kr