他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

記事一覧

北の燃焼実験は「新エンジン開発のため」 韓国国防部が見解

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は20日の定例会見で、北朝鮮が前日公開した新型の高出力ミサイルエンジンの燃焼実験と関連し、「実験によりエンジン性能に意味のある進展があると評価される」と述べた。また、北朝鮮が公開したエンジンはメインエンジン1個と補助エンジン4個を組み合わせたもので、新型エンジンを開発しようとしているとの見方を示した。正確なエンジンの推力や今後の活用の可能性については、さらなる分析が必要だと伝えた。

エンジン燃焼実験が行われた北朝鮮・東倉里の西海衛星発射場=(聯合ニュースTV)
エンジン燃焼実験が行われた北朝鮮・東倉里の西海衛星発射場=(聯合ニュースTV)

 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」など北朝鮮のメディアは19日、北西部・東倉里の西海衛星発射場(ミサイル基地)で新たに開発した「大出力発動機」(高出力エンジン)の燃焼実験を行い、「成功した」と報じた。

 韓国軍当局はこのエンジンについて、北朝鮮が昨年9月に燃焼実験を行った「静止衛星運搬ロケット用大出力エンジン」の改良型である可能性が高いとみている。北朝鮮は、同エンジンを推力80重量トンと説明していた。

 今回の実験では、昨年9月のときよりもエンジンの火柱の色がより鮮明になっており、推力が向上したと分析される。韓国軍は、北朝鮮がこのエンジンを搭載した大陸間弾道ミサイル(ICBM)または「衛星運搬用」長距離ミサイルを発射するものと見込んでいる。

tnak51@yna.co.kr