他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

記事一覧

昨年の未払い賃金額が過去最悪 若年層で被害目立つ=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国で昨年、若年層の労働者が届け出た未払い賃金額が計1400億ウォン(約137億円)を超え、過去最悪を記録したことが1日、分かった。

 国会環境労働委員会の申普羅(シン・ボラ)議員(セヌリ党所属)が雇用労働部から受け取った資料によると、昨年、15歳から29歳の若年層の労働者6万6996人が届け出た未払い賃金額は合計で1406億700万ウォンだった。

 全体でも1兆4286億ウォンとなり過去最悪となった。リーマン・ショック後の2009年に記録した1兆3238億ウォンを上回った。

 賃金の未払いを届け出た人のうち、15歳から29歳の割合は全体(32万5430人)の20.6%だった。

 事業所の規模別ではコンビニやネットカフェなど5人未満の職場が10万3400件で全体の47.5%だった。

 申議員は「賃金の未払いを防止するため、目の行き届かない中小企業や零細の事業所を対象に監督を強化し、広報・教育も強化しなければならない」と話した。

yugiri@yna.co.kr