他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

記事一覧

キムチ由来の乳酸菌製品 日本で発売=韓国食品大手

【ソウル聯合ニュース】韓国大手総合食品メーカーのCJ第一製糖は24日、キムチから分離した乳酸菌製品「BYO乳酸菌」の日本販売を開始したと明らかにした。

 同社は健康機能食品「BYO皮膚乳酸菌CJLP133」の販売を、今月から日本の会員制量販店コストコの全国24店舗で本格的に始めたと説明した。昨年9月には中国での販売を開始したという。

 同製品は腸の健康と皮膚のかゆみ改善をサポートする健康機能食品。7年間の研究の末、数百のキムチから分離した3500個の乳酸菌の分析を通じ133番目の菌に皮膚のかゆみを改善する機能を確認した。

 また同社は、BYO乳酸菌が牛乳に由来する輸入動物性乳酸菌製品が大部分を占める韓国乳酸菌市場において、韓国伝統の発酵食品であるキムチから植物性乳酸菌製品を製造したことで「韓国型乳酸菌」時代を切り開いたとの評価を受けていると伝えた。

 同製品に含まれる乳酸菌ラクトバチルス・プランタラムCJLP133は韓国をはじめ中国、日本、香港、オーストラリア、シンガポールで特許を取得している。

 同社は同製品をグローバルブランドとして世界的な乳酸菌に成長させることに注力する計画だ。

sjp@yna.co.kr