他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

記事一覧

「北に国連加盟国の資格あるのか」 韓国が問題提起

【ワシントン聯合ニュース】韓国政府が国連の公の場で、北朝鮮の国連加盟国としての資格について問題提起したことが分かった。

 国連韓国政府代表部の呉俊(オ・ジュン)大使は15日(米東部時間)、米ニューヨークの国連本部で開かれた国連憲章に関する公開討議の場で、「国連加盟にあたっての義務を違反した北にはたして国連加盟国の資格があるのか、問題視せざるを得ない」と述べた。韓忠熙(ハン・チュンヒ)次席大使も翌日に国連で開かれた国連憲章および国連の役割強化に関する特別委員会で、「北が国連の権能を無視し安全保障理事会の決議に背き続けることは、国連憲章に対する冒涜(ぼうとく)だ」とした上で、北朝鮮の国連加盟国としての資格を問題提起せざるを得ないと述べた。

国連韓国政府代表部の呉大使=(AP=聯合ニュース)
国連韓国政府代表部の呉大使=(AP=聯合ニュース)

 1991年に韓国と北朝鮮が国連に同時加盟した後、韓国が北朝鮮の加盟国の資格に異議を唱えるのは初めて。

 呉氏と韓氏はそれぞれ、北朝鮮はこの10年間に4回の核実験と六つの長距離弾道ミサイル発射実験に没頭し、国連憲章の義務を受け入れ履行するとした自らの約束を破ったと批判。また、「北の身勝手な行動は国際社会の平和と安保に対する脅威であり、国際社会に対する露骨な挑戦だ」とした。

 一方、国連北朝鮮代表部のチョ・ジョンチョル一等書記官は、韓次席も出席した国連憲章特別委員会で、北朝鮮の先月6日の4回目核実験と今月7日の事実上の長距離ミサイル発射を「自主権を守るための措置」と強弁した。さらに、自主権防衛と経済開発の増進に向けた平和目的の衛星打ち上げを国連安保理が禁じる権限はないと主張した。

 韓氏は18日、聯合ニュースの取材に対し、「北は平和尊重の義務と安保理決議順守の義務を盛り込んだ国連憲章を守ると誓約し、国連に加盟した。しかし、自らの約束を破り、国連憲章の趣旨に真っ向から背く行動に専念している」と指摘した。

mgk1202@yna.co.kr