他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

記事一覧

韓日首脳が電話会談 慰安婦問題の妥結受け関係改善へ

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は28日、ソウルで同日行われた韓日外相会談で旧日本軍の慰安婦問題が妥結したことを受け、日本の安倍晋三首相と電話会談し、「両国政府が難しい過程を経て合意に至っただけに、今回の合意を基に信頼を築き、新しい関係をひらけるよう緊密に協力していくことを願う」と述べた。

 安倍首相はこれに対し、「日本国内閣総理大臣として、慰安婦としてあまたの苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを表明する」と応えた。

 青瓦台(大統領府)によると、韓日首脳は同日午後5時47分から13分間行われた電話会談で、慰安婦問題の交渉妥結に関して意見を交換。交渉の妥結が韓日関係の改善と持続的な発展につながるよう緊密に協力していくことで一致した。

 安倍首相は、被害者の名誉と尊厳の回復、心の傷を癒やすための措置を着実に実施していくとした上で、今回の合意により慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されたものと確認したとの立場を表明した。

 また朴大統領は「今回の合意を慰安婦被害者の方々の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒やす大切な機会にしていかなければならない」と話した。

 朴大統領は安倍首相との電話会談に先立ち、同日午後4時30分ごろから15分間、岸田文雄外相と会談し、「今回の合意を通じて慰安婦被害者の名誉と尊厳が回復し、心の傷を癒やすためには日本側の措置が迅速に、合意に従って誠実に履行されることが最も重要だ」と強調した。

 また「特に11月2日の(韓日)首脳会談を通じて合意した通り、韓日国交正常化50周年である今年を越えず、双方が努力して合意に至り、より意味が大きいと考える」と評価。その上で「今回の交渉結果が誠実に履行されることにより、韓日関係が新しい出発点から再び始まることができるよう願う」と話した。

 岸田外相は共感を示した上で、合意を基に韓日関係を発展させるために努力していくとの立場を明らかにした。

yugiri@yna.co.kr