他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

記事一覧

国連北朝鮮人権事務所 きょうソウルで開所式

【ソウル聯合ニュース】国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)が23日午後にソウルで、北朝鮮の人権状況を監視するための拠点となる国連北朝鮮人権事務所(ソウル国連人権事務所)の開所式を行う予定だ。国連のゼイド・フセイン人権高等弁務官や韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官らが出席する。

 事務所は鍾路区のソウルグローバルセンターに設置され、5人の職員が勤務する。北朝鮮で組織的、広範囲に行われている人権侵害の責任を糾明するため、その状況をモニタリング、記録し、証拠を保存する役割を担う。また、北朝鮮の人権問題を外部に知らせ、関係国の政府や市民社会の関与を促す。

 北朝鮮における人権に関する国連調査委員会(COI)は昨年2月、1年間の調査活動をまとめた報告書を通じ、北朝鮮で反人道的な犯罪が行われているとしながら責任追及などの措置を取るための組織を設置するよう提案した。国連人権理事会はCOIの勧告を反映した決議を採択。OHCHRに対し、北朝鮮の人権状況を監視、記録するための現場組織の設置を要請した。

 国連は事務所の候補地を検討した結果、韓国が最適と判断したもようだ。その後、韓国政府と国連は事務所開設に向けた協議を重ね、今年5月に覚書を交わした。

 北朝鮮はソウル事務所の開設に強く反発しており、南北関係には悪材料となりそうだ。今月19日には事務所開設を理由に、7月3〜14日に韓国南西部の光州市で開催されるユニバーシアード夏季大会への不参加の意向を伝えた。

 一方、フセイン氏は事務所の開所式に出席するため、23日から25日まで韓国を公式訪問する。朴槿恵(パク・クネ)大統領をはじめ、鄭義和(チョン・ウィファ)国会議長や尹外交部長官、洪容杓(ホン・ヨンピョ)統一部長官らとそれぞれ会談する予定だ。

 また、旧日本軍の慰安婦問題解決に取り組む韓国の市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」が運営する「戦争と女性人権博物館」を訪れ、慰安婦被害者らと面会する予定だ。フセイン氏がこの席でどのようなメッセージを伝えるかも関心を集める。

 国連人権高等弁務官の公式な来韓は2004年以来、11年ぶりとなる。

mgk1202@yna.co.kr