他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

記事一覧

韓国首相「検察の捜査受ける」 現金授受疑惑

【ソウル聯合ニュース】韓国の建設・開発会社前会長の成完鍾(ソン・ワンジョン)氏が有力政治家らに多額の現金を渡したとされる疑惑について、李完九(イ・ワング)首相は14日の国会答弁で「捜査を受ける」との意向を明らかにした。与党セヌリ党が検察当局に対し、李氏から捜査するよう求めたことを受けて述べた。現職の首相が検察の捜査を受ける異例の事態になりそうだ。

 李明博(イ・ミョンバク)前政権の海外資源開発事業に絡み、公社などから借りた資金を横領したなどの疑いで検察の捜査を受けていた成氏は9日、ソウル市内の山中で自殺した。ズボンのポケットから政治家の名前と金額が書かれたメモが見つかったほか、自殺前にメディアとのインタビューで、多額の現金を渡したと暴露した。成氏は2013年4月、国会議員の再・補欠選に出馬した李氏に現金3000万ウォン(約330万円)を渡したと主張したが、李氏は「一銭も受け取っていない」「受け取った証拠が出れば命をなげうつ」と否定した。

国会答弁で捜査を受ける意向を表明した李首相=14日、ソウル(聯合ニュース)国会答弁で捜査を受ける意向を表明した李首相=14日、ソウル(聯合ニュース)

kimchiboxs@yna.co.kr