他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

記事一覧

舛添都知事 韓国人学校新設で「用地など検討中」

【ソウル聯合ニュース】舛添要一東京都知事は韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が協力を要請した韓国人学校の新設について、「どういう土地が空いているかなど、今検討している」と述べた。東京都庁で29日に行った聯合ニュースとのインタビューで明らかにした。

 舛添氏は「朴大統領も大変心配していた。具体的には決めていないが、着々と進めているところ」と説明。ソウルに日本人学校を設立する際は韓国側の協力を受け、日本に韓国人学校を建てるなら東京都が協力するのは「当たり前」として、「良い答えが出るよう努力したい」と強調した。

 在日韓国人らに対する「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)に対しては「許してはならない」とした上で、規制が必要との考えを示した。ただ、東京都だけで規制しても別の地域でヘイトスピーチが行われる可能性があるため、「日本国全体として規制すべきだ」と述べた。安倍晋三首相にこうした意向を伝え、自民党も規制を検討しているという。規制が表現の自由を侵害するとの指摘については、「基本的人権の侵害に当たるため、表現の自由とは相容れない問題」との認識を明らかにした。

 旧日本軍の慰安婦問題など、歴史認識をめぐる問題に関しては「戦争の時期の歴史研究をもっとやらなければいけない」とし、具体的な言及は避けた。朝日新聞が慰安婦報道の一部を取り消したことについては、「反省してほしい」と述べた。

 舛添氏は都知事として政府間の関係が冷え込んでいる韓国、中国などとの都市外交を展開している。7月に韓国を訪問した際は朴大統領と面会し、安倍首相のメッセージを伝えたほか、ヘイトスピーチに厳しく対応していく考えを強調して注目を集めた。

インタビューに応じる舛添氏=30日、東京(聯合ニュース)インタビューに応じる舛添氏=30日、東京(聯合ニュース)

kimchiboxs@yna.co.kr

関連写真