他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

記事一覧

南スーダン銃弾支援問題 自衛隊が韓国軍に謝罪していた

【ボル(南スーダン)聯合ニュース】国連南スーダン派遣団(UNMISS)に派遣された日本の陸上自衛隊が昨年末、UNMISSに参加している韓国軍に銃弾を提供した問題をめぐり、韓国軍側に謝罪していたことが8日、分かった。

 UNMISSの関係者が聯合ニュースの取材に対し明らかにした。銃弾支援が物議を醸したことから、自衛隊の部隊長が韓国軍の部隊長に「申し訳ない」とする電子メールを送っていたという。

 自衛隊の意志と関係なく、韓国軍への銃弾支援の事実が公になり物議を醸したことに遺憾の意を示したと受け止められる。

 一方、別のUNMISS筋は「日本政府が韓国軍への銃弾支援事実を悪意をもって利用した。韓国軍が日本側に完全にしてやられた」と話した。

 日本政府はこの銃弾支援を、事案の緊急性と人道的な必要性を考慮した措置と主張してきた。これに対し、日本の武器輸出を禁じた「武器輸出3原則」を日本政府が無力化しようと銃弾支援事実を意図的に明かしたという見方もあった。

 韓国軍は昨年12月、駐留地周辺で軍事的な脅威が増していることから、UNMISS本部に弾薬支援を緊急要請した。これを受けUNMISSは、米軍から約5000発の弾薬と自衛隊から1万発の銃弾を受け取り韓国軍に届けた。当時、5.56ミリ口径小銃の銃弾を保有する部隊は自衛隊だけだった。

 しかし、韓国軍が自衛隊から銃弾の提供を受けるのは初めてで、韓国内で批判が高まった。韓国軍は銃弾提供から18日でUNMISSを通じ自衛隊に銃弾をすべて返還した。

mgk1202@yna.co.kr