他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

記事一覧

船長の弁護人 殺人罪は「不当」=韓国沈没事故初公判

【光州聯合ニュース】韓国旅客船セウォル号の沈没事故で、乗客を救助せず脱出したとして殺人罪などに問われた同船の船長、イ・ジュンソク被告ら15人の初公判が10日、光州地裁で始まり、イ被告の国選弁護人が「過失以上の刑事責任を問うのは不当」と主張した。

 弁護人は「事故直後の当時の状況で可能な救助措置は行った。船が大きく傾き追加の措置が不可能だった状況で海洋警察に救助された」と述べた。また、殺人罪や殺人未遂罪を認定できるのか法的検討を求めるとし、今後の公判で争う構えを示した。

 イ被告が救助後、多数の乗客が死亡または行方不明となっている事実を知り、罪悪感にさいなまれていると弁護人が説明すると、傍聴席から非難の声が上がる場面もあった。

ikasumi@yna.co.kr