他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

記事一覧

韓国・慶尚北道知事 独島で日本政府糾弾=教科書指針

【大邱聯合ニュース】日本政府が教科書作成や教員による指導の指針となる中学校と高校の学習指導要領解説書を改定し、独島を「わが国固有の領土」と明記したことを受け、韓国・慶尚北道の金寛容(キム・グァンヨン)知事が29日、独島で日本政府を糾弾する声明を発表した。

 金知事は独島が韓国の領土であることを改めて内外に知らせるため同日午前、ヘリコプターで独島に入った。

 独島を管轄する同道の知事が急きょヘリで現地に向かい、声明を発表するのは極めて異例。

 声明では、日本政府は独島侵奪のために学習指導要領解説書に独島を「わが国固有の領土」という根拠のない主張を明記する方針を下したと指摘。その上で、こうした主張は「侵略的・帝国主義的野心の現れで、うその事実を教育する許しがたい蛮行だ」と強く非難した。

 また金知事は、日本政府のこうした行為は国際社会から厳重な叱責(しっせき)と批判を受けるとしながら「独島を管轄する慶尚北道知事として、日本政府の歴史歪曲(わいきょく)と領土侵奪の野望を強く糾弾する」と強調した。

 さらに、日本政府に学習指導要領解説書の独島領有権主張を撤回し、一切の挑発行為を中断するよう促した。

sjp@yna.co.kr