他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

記事一覧

韓国人教授 米メディアに安倍首相批判の広告掲載

【ソウル聯合ニュース】韓国広報の専門家として知られる誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が2日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)に安倍晋三首相を批判する広告を掲載した。

 「DO YOU KNOW?」と題した広告は、安倍首相が5月に「731」の機体番号が書かれた自衛隊練習機に試乗した写真を大きく載せている。その下には英文で「731部隊は中国・ハルビンにあった日本軍部隊で、化学・細菌戦準備の研究と生体実験のために1932年に設立された。日本政府はいまだにこうした歴史を認めていない」との説明文がある。

 安倍首相に対し韓国人や中国人、モンゴル人犠牲者の家族へ一日も早く謝罪、補償するよう促した。日本政府にも「北東アジアの平和と繁栄に向け、周辺国と共に努力していくことを希望する」とのメッセージも添えた。

 徐教授は「多くの人が訪れるウォール・ストリート・ジャーナルのサイトを通じ実情をまず知ってもらった後、このサイトを(ソーシャルメディアの)ツイッターやフェイスブックなどを通じ世界中の人に広め、世論を形成することで日本政府に圧力をかけるのが最も効果的と判断した」と説明した。

 この広告はサイトのトップページ中央の広告とバナー広告の欄に1週間掲載される。広告費は徐教授が発刊した書籍の印税を充てた。

 徐教授は独島と東海、旧日本軍慰安婦、歴史問題などを扱う広告を世界の有力紙や観光地の大型電光掲示板に掲載するキャンペーンを展開している。

 8月にもウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)に歴史に対するドイツと日本の姿勢の違いを比較する広告を出した。今回の広告は安倍首相批判の第2弾となる。第3弾の広告も準備中だ。

ウォール・ストリート・ジャーナルに掲載された安倍首相の批判広告(徐教授提供)=2日、ソウル(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr