他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

記事一覧

「キムチ」韓国で16件目の無形文化遺産に

【ソウル聯合ニュース】韓国の「キムチとキムジャン(越冬用のキムチ漬)文化」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されることが確実となった。

韓国文化財庁は12月2〜8日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれる政府間委員会を控え、文化遺産への登録を事前審査するユネスコの補助機関が「キムチとキムジャン文化」の登録を勧告したと23日発表した

同機関は「韓国人の日常生活において何世代にもわたり続けられてきたキムジャンは韓国人にとっては隣人同士の助け合い精神の実践であり、連帯感とアイデンティティ、所属意識を増大させるもの」と評価した。 

同機関は登録申請のあった文化遺産を登録勧告(inscribe)、情報補完(refer)、登録不可(not to inscribe)の3種類で区分して評価した報告書を政府間委員会に提出する。登録勧告の判定が覆された例はなく、12月には韓国の無形文化遺産が一つ増え、宗廟祭礼・宗廟祭礼音楽、パンソリ、江陵端午祭などを合わせて計16となる。

今回の審査では31件の事前審査が行われ、キムチをはじめとする23件が登録勧告、1件は情報補完勧告、7件は登録不可となった。中国は「中国の珠算、そろばん計算の知識および活用」、日本は「和食、日本の伝統食文化」が登録勧告の判定を受けた。

yugiri@yna.co.kr