他言語ニュースを見る

人気検索ワード:

検索
line
原発部品保証書の偽造発覚 2基を運転停止に=韓国
2012/11/05 16:23 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【ソウル聯合ニュース】韓国知識経済部は5日、原発の部品供給業者8社が外国機関の発行する品質保証書を偽造し、原発事業者の韓国水力原子力に部品を納入していたことが分かり、光州地検に捜査を依頼したと発表した。

 これに伴い、韓国水力原子力は問題の部品の大半が使用された霊光原発5・6号機(全羅南道)の運転を同日から停止し、該当部品を交換する。

 偽造保証書で納入された部品は、ヒューズやスイッチなどの消耗品。2003年から今年にかけ、237品目・7682個の部品が納入され、このうち136品目・5233個が実際に原発に使用された。部品供給価格は総額8億2000万ウォン(約6000万円)に達する。

 全体の98.2%が霊光原発5・6号機に使用され、霊光原発3・4号機と蔚珍原発3号機(慶尚北道)にも数十個ずつ使われた。

 原発では、安全性の高い部品(Q等級製品)が手に入らない場合、技術評価と性能試験を経た一般産業用部品の使用が認められるが、8社は偽造した品質保証書で納入手続きを踏んでいたという。

 韓国水力原子力は霊光原発5・6号機の部品を交換後、安全性を綿密に確認した上で原子力安全委員会に再稼動の承認を求める方針。運転停止期間は、ひとまず年末までと見込んでいる。

 霊光原発3・4号機、蔚珍原発3号機は交換対象の部品が少なく、運転中に取り換えられるため、運転を継続する。

 今冬の電力需要が過去最高を記録すると見込まれるなか、電力不足に対する懸念が高まっている。

 慶尚北道の月城原発1号機(設備容量67万9000キロワット)が先月29日に故障で発電を止めており、それぞれ100万キロワット級の霊光原発2基も停止すれば、電力供給能力は260万キロワット以上減少する見通しだ。

stomo@yna.co.kr