他言語ニュースを見る

人気検索ワード:

検索
line
「韓米FTAの破棄運動を展開」 反対グループが会見
2012/03/15 15:32 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【ソウル聯合ニュース】韓米自由貿易協定(FTA)が15日午前零時に発効したことを受け、民間団体「韓米FTA阻止汎国民運動本部」は同日にソウルの光化門広場で記者会見し、「韓米FTAを破棄するための運動を開始する」と表明した。韓米FTAは不平等で主権を侵害する協定であり、韓国に損害を与えるとし、「一部の財閥を除くほぼ全ての分野の国民が、協定の悪影響にさらされる」と主張した。

韓米FTAを破棄を目指す韓米FTA阻止汎国民運動本部=15日、ソウル(聯合ニュース)

 会見に参加した最大野党・民主統合党の鄭東泳(チョン・ドンヨン)国会議員は、4月の総選挙(国会議員選挙)で勝利し、協定破棄の手続きを踏むと表明した。

 李明博(イ・ミョンバク)大統領が先ごろ、前政権でFTAを推進していた野党側が反対に回っていると指摘したことを指し、「招待客が爆弾を抱えていることを知り主人が客を追い出すと、周りが『言葉(態度)を変えた』と非難する」と反論した。

stomo@yna.co.kr

関連写真