他言語ニュースを見る

人気検索ワード:

検索
line
李大統領 米紙に原則的な北朝鮮政策を強調
2011/10/31 21:48 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【ニューヨーク聯合ニュース】米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは30日付けのソウル発記事で、李明博(イ・ミョンバク)大統領が自らの政治利益のため、北朝鮮に対する強硬姿勢を崩さないとの意向を明らかにしたと報じた。

 青瓦台(大統領府)で28日に同紙のインタビューに応じた李大統領は、「政治的に南北関係を取り扱うつもりはない」とし、核放棄を前提に北朝鮮を支援する政策原則を維持するとの考えを明確にしたという。

 執権後半期を迎え、南北首脳会談を推進するとの見方が一部から出ているが、南北経済協力のためには核放棄が前提となるとした従来の立場に変わりがないことを重ねて強調したと解釈できる。 

csi@yna.co.kr