他言語ニュースを見る

人気検索ワード:

検索
line
李大統領「財政健全性は世界で最も良好な水準」
2011/10/03 10:49 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【ソウル聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領は3日、定例のラジオ・インターネット演説で、「韓国経済は現在、国民が自信を持ってもよいほどしっかりしているといえる。財政健全性は世界で最も良好な水準だ」と述べた。

 李大統領は、国家債務比率は対国内総生産(GDP)比33%で、経済開発協力機構(OECD)加盟国平均(98%)の3分の1にすぎないとした上で、「わが国の経済環境は国際社会でも非常に肯定的に評価されている」と強調した。外貨準備高3000億ドル(約23兆1210億円)確保、外債構造の改善、輸出産業の好調による経常収支黒字など、韓国経済のファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)が強いことを例に挙げた。

 李大統領は「経済は心理が非常に重要だ。一部では今回の危機を信頼の危機だというが、これを克服するためにはわれわれ自ら自信を持つ必要がある」と力説した。

 また、行き過ぎた危機感は望ましくないが、危機意識を持ちながら準備態勢を整え、冷徹に現実を認識しバランス感覚を失わない態度が必要だとの考えを示した。

 演説はKBS第1ラジオ、交通放送、動画共有サイト「ユーチューブ(YouTube)」で放送された。

hjc@yna.co.kr