他言語ニュースを見る

人気検索ワード:

検索
line
韓日の領土問題対立、駐日米大使が韓国非難していた
2011/09/06 14:45 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【東京聯合ニュース】日本が独島付近で海洋調査を行うと発表し、韓日が激しく対立していた2006年4月、当時のトーマス・シーファー駐日米大使が日本の外交当局者に「韓国が気の狂った行動をしたり、重大な問題を起こすのではないか懸念している」と話していたことが分かった。内部告発サイト「ウィキリークス」が6日までに公開した米外交公電で明らかになった。

 在日米大使館が米国務省などに送った公電によると、シーファー大使は2006年4月20日午前、当時外務省事務次官だった谷内正太郎氏と会い、独島問題について「日本は国際法に基づき権利を行使している。韓国は非理性的(irrationally)に行動している」と非難した。

 さらに、「米国は韓国人が気の狂った行動(do something crazy)をしたり、重大な問題を起こす(causing a major problem)のではないかと懸念している」と話したという。

csi@yna.co.kr