他言語ニュースを見る

人気検索ワード:

検索
line
「敵はたばこ」、韓国軍部隊で禁煙プログラム実施
2011/07/04 14:26 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【ソウル聯合ニュース】国防部は4日、陸海空軍の21部隊を全面禁煙部隊に、79部隊を禁煙集中管理部隊に定めたと明らかにした。兵士の喫煙率をことしは前年比3.0ポイント引き下げる計画で、さまざまな禁煙活動を展開していると説明した。

 軍が具体的に部隊を指定し禁煙を進めるのはこれが初めて。兵士の喫煙率は47.2%で、一般成人男性(39.6%)を大きく上回る。

 全面禁煙部隊は、部隊の全地域が禁煙区域となり、指揮官をはじめすべての兵士が6カ月以上禁煙しなければならない。相談と診療の禁煙プログラムと禁煙教育(2回)を部隊が支援する。6カ月後に喫煙率が5.0%以下となれば成功とみなされ、部隊に褒賞金100万ウォン(約7万6000円)とスポーツ用品、兵士個人にも記念品が贈られる。

 集中管理部隊は、全兵士が積極的禁煙を希望する部隊で、6カ月の禁煙プログラムなどが支援される。喫煙率が半分になれば成功の判定を受ける。

mazi38@yna.co.kr