他言語ニュースを見る

人気検索ワード:

検索
line
金総書記が被災在日同胞に慰問金、50万ドル
2011/03/24 10:59 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【ソウル24日聯合ニュース】北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が、東日本大震災を受け在日同胞に慰問金50万ドル(約4047万円)を送ったと、朝鮮中央通信が24日に報じた。

 金総書記は、これまでにも在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の在日コリアンが災害に遭った場合に慰問金を送っている。2004年の新潟県中越地震では10万ドル、阪神・淡路大震災では20万ドルを提供した。

 中央通信はまた、朝鮮赤十字会中央委員会も日本赤十字社に10万ドルの慰問金を送り、甚大な人命被害と物質的損失を出した震災の被害者と遺族を慰労したと伝えた。

 朝鮮赤十字会は14日に、張在彦(チャン・ジェオン)朝鮮赤十字会委員長名義の電文で、日本赤十字社の近衛忠てる社長に哀悼の言葉を伝えている。

mazi38@yna.co.kr

関連写真
関連映像