他言語ニュースを見る

人気検索ワード:

検索
line
韓国1人当たりGDP、2040年には世界4位に
2011/03/01 09:55 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【ソウル1日聯合ニュース】韓国の1人当たり国民所得が2040年には世界4位を記録するとの見通しが出された。

 国際金融センターが1日に明らかにしたところによると、シティグループは2010〜2050年の1人当たり国内総生産(GDP)上位10カ国統計で、韓国は2020年に世界10位に入り、2030年に5位、2040〜2050年には4位に上昇すると予測した。購買力平価(PPP)で換算すると、2020年の4万4740ドルから2030年は6万3923ドル、2040年は8万6109ドル、2050年は10万7752ドル(約883万円)と拡大する見通しだ。

 一方、韓国の経済規模順位については、2020年まで上昇勢を示すが、人口減少などの影響でその後は上位10位圏外になると分析している。

 2010〜2050年の経済規模上位10カ国統計では、韓国の経済規模は2020年に世界10位と初めてベストテン入りするが、2030〜2050年はインドネシア、メキシコ、ナイジェリア、エジプトなどに、圏外に押し出されると見通した。

 金融センター側は、韓国は高い技術力と優れた人材を有し速い成長をみせているが、次第に労働力が減り競争力も落ち込むため、こうした結果が出たのだろうと説明した。

 またシティグループは、北朝鮮も政治体制が変化すれば急速な経済成長が期待されるとしている。

mazi38@yna.co.kr