English Chinese Japanese Arabic Spanish
Home 記事一覧
2009/07/09 08:39 KST
李大統領がイタリア入り、9日にローマ法王と会談


【ローマ8日聯合ニュース】欧州3カ国を歴訪中の李明博(イ・ミョンバク)大統領は8日午後ポーランドをたち、2カ国目の歴訪地イタリアの首都ローマに到着した。随行員らとともに特別機で空港に降り立った後、別途の公式歓迎行事なくホテルに移動した。

 李大統領は9日にバチカンのローマ法王庁を訪れ、法王ベネディクト16世を表敬訪問する予定だ。法王との面会は、現職大統領としては3回目となる。双方はその席で、国内カトリックとローマ法王庁との関係発展策などを協議し、和合と統合のメッセージを表明するものと伝えられた。

 李大統領はその後、主要8カ国(G8)首脳会議(サミット)の拡大会合が開かれるラクイラに移動し、貿易関連の首脳会議と主要経済国フォーラム(MEF)に出席する。

 また、カナダのハーパー首相、ロシアのメドベージェフ大統領と相次ぎ首脳会談し、両国の協力強化策を協議するとともに北朝鮮の核挑発防止に助力を求める予定だ。

ローマの空港に降り立った李大統領と金潤玉夫人=8日、ローマ(聯合ニュース)

japanese@yna.co.kr