English Chinese Japanese Arabic Spanish
Home 記事一覧
2009/06/25 13:50 KST
独島管理船「独島平和」、26日から就航…鬱陵


【鬱陵25日聯合ニュース】純国内技術で製作された独島管理専用船「独島平和」が、26日に進水式を行い初就航する。鬱陵郡が25日に明らかにした。進水式は沙洞港で26日午前11時から行われ、国土海洋部長官、慶尚北道知事、独島管理団体、鬱陵住民ら300人余りが参加する予定だ。

 「独島平和」の製作には80億ウォン(約5億9900万円)が投じられた。全長37.2メートル、幅7.4メートル、177トン級。定員80人、最大速度32.5ノットで、鬱陵〜独島間を3時間で航行できる。独島行政業務と住民生活支援、独島訪問客の安全管理、海洋生態資源調査と研究活動、独島領有権守護活動などの業務を遂行する。

 鬱陵郡関係者は、最先端航法装置など最新システムを備える「独島平和」が、韓国の領土・独島の守護に大きく寄与するものと期待を示した。

japanese@yna.co.kr