English Chinese Japanese Arabic Spanish
Home 記事一覧
2009/04/16 14:14 KST
外交通商統一委、日本歴史教科書糾弾決議案を処理


【ソウル16日聯合ニュース】国会外交通商統一委員会は16日に全体会議を開き、「日本の中学校歴史教科書歪曲(わいきょく)および検定通過に対する糾弾決議案」を処理、本会議に回付した。

 決議案は、民主党の文学振(ムン・ハクチン)議員が提出した。日本政府が自由社版中学校歴史教科書を検定合格としたことに関連し「韓日両国の善隣友好関係と未来志向的関係発展が大きく棄損されるだけでなく、日本が国際社会で孤立することもあり得ることを警告する」との内容が盛り込まれている。

 また、日本政府に歪曲教科書の検定撤回を求めるとともに、韓国政府に対しても確固かつ断固としたあらゆる外交措置を取るよう促した。