English Chinese Japanese Arabic
Home 記事一覧
2007/08/06 15:05 KST
慰安婦問題関連の世界連帯集会、光復節に開催


【ソウル6日聯合】韓国挺身隊問題対策協議会が、植民地解放を記念する光復節の15日に世界9カ国・地域で、日本軍慰安婦問題の解決に向け各国の参加と日本政府の責任対応を促す集会を一斉に開く。

 協議会が6日に明らかにしたところによると、連帯集会が開かれる都市は、国内ではソウルと釜山、海外ではベルリン、マニラ、ジャカルタ、シドニー、サンフランシスコ、台北、東京と大阪、トロントとなる。ベルリンでは駐独日本大使館前でのデモ、シドニーでは慰安婦映画祭と上院議員会館での学会、台北では街頭行進と写真展、大阪では参議院会館前での集会などを予定している。

 協議会関係者は集会について、「このほど慰安婦決議案が米下院で採択され、慰安婦問題が加害者と被害者の関係を越え、女性の人権問題に格上げされたことから行われる共同行動」と説明した。日本政府に責任の早期履行を求める意味も込められているという。