English Chinese Japanese Arabic
Home 記事一覧
2007/05/17 17:53 KST
東海線猪津駅訪れた失郷民、故郷に思いをはせる


【高城17日聯合】自然と故郷と両親のことが思い出されます――。南北列車試運転が実施された17日、東海線の到着駅となる江原道の猪津駅を訪れた失郷民(戦争避難民)らは、故郷の家族を思い胸が張り裂けそうな気持ちを語った。

 江原道の海金剛にほど近い立石里が故郷というパク・ジョンヒさんは、17歳で両親と別れおじと一緒に韓国に来たため、北朝鮮に家族や親戚がいると話し、両親や兄弟のことを考えない日は1日もないと打ち明けた。離散家族の面会申請をしたがまだ対象者に選ばれておらず、両親の生死はもちろん兄弟の安否も分からないと目頭を押さえた。

 江原道北高城の水洞面沙飛里が故郷のイ・ブイクさんも、故郷はすぐ目の前なのに行くことができないと話し、1日も早く汽車に乗って故郷に行ける日が来ることを望んでいると述べた。

 試運転列車を見るために猪津駅を訪れたキム・ジュンギルさんは、北朝鮮の乗務員に握手を求めたところ、快く応じてくれたとし、「乗務員と握手ができたので気分がいい」と上機嫌だった。