• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      2018 平昌冬季五輪

      搭乗型ロボット「FX−2」が聖火リレー 平昌五輪

      2017/12/11 19:18

      Article View Option

      【大田聯合ニュース】来年2月に開幕する平昌冬季五輪・パラリンピックの聖火リレーが11日、韓国中部の大田で行われ、韓国科学技術院(KAIST)が開発した搭乗型ロボット「FX−2」が聖火リレーのランナーを務めた。

      聖火リレーのランナーを務めたFX−2=11日、大田(聯合ニュース)
      聖火リレーのランナーを務めたFX−2=11日、大田(聯合ニュース)

       初公開されたFX−2は高さ2.5メートル、重さ280キロのロボットで乗った人が操作することができる。体重70キロまでの人を乗せることができる。

       平昌冬季五輪組織委員会の関係者は「科学技術と共に成長する大田で情報通信技術(ICT)を活用した聖火リレーを通じ、韓国の底力を世界に紹介できるだろう」と話した。

      yugiri@yna.co.kr