• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      経済

      サムスン電子の時価総額 1年で16%増も世界18位に後退

      2018/02/12 11:26

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国・サムスン電子の株式時価総額はこの1年で大幅に増加したものの、世界順位は18位と3ランク下落したことが分かった。

      この1年でサムスン電子の時価総額は増加した(イメージ)=(聯合ニュース)
      この1年でサムスン電子の時価総額は増加した(イメージ)=(聯合ニュース)

       韓国取引所が12日までに、世界主要企業の2日時点の時価総額を集計した。上位100社の時価総額は計21兆5220億ドル(2340兆円)で、1年前に比べ27.5%増加した。2017年は世界的に株高が続いたため。

       韓国企業で上位100社にランクインしたのはサムスン電子だけ。2831億ドルで1年前から16.8%増加したが、上位100社の合計時価総額の増加率を下回り、順位も15位から18位に後退した。

       韓国勢はSKハイニックス(483億ドル)が289位、バイオ医薬品大手のセルトリオン(347億ドル)が442位、現代自動車(329億ドル)が470位だった。

       時価総額の世界トップはアップル(8144億ドル)で、グーグル(7749億ドル)、マイクロソフト(7067億ドル)と続いた。これら米IT大手3社の順位は3年間変わっていない。上位10社のうち米企業が7社で、新たに騰訊(テンセント)やアリババなど中国企業が3社入った。

      mgk1202@yna.co.kr