• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      経済

      1月の韓国消費者物価 1.0%上昇にとどまる=野菜価格下落で

      2018/02/01 08:36

      Article View Option

      【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が1日発表した消費者物価動向によると、1月の消費者物価指数は前年同月比1.0%上昇した。2016年8月(0.5%上昇)以来の低水準で、ダイコンなど野菜類の物価下落が響いた。

      スーパーで買い物をする消費者(資料写真)=(聯合ニュース)
      スーパーで買い物をする消費者(資料写真)=(聯合ニュース)

       上昇率は昨年1〜10月に1%台後半から2%台半ばを維持したが、同11月に1.3%に落ち込んだ。同12月に1.5%と小幅上昇したが、今回再び下落した。

       トマト、ダイコン、ハクサイなど農産物の価格下落で野菜類が前年より12.9%下落し、物価全体を0.25ポイント引き下げた。

       電気・水道・ガスも前年より1.5%下落した。

       統計庁関係者は「農畜産物価格は昨年の大幅高の反動で下落幅が大きい。公共サービス物価が上昇したが、先月よりは上昇幅が縮まった」と説明した。

      csi@yna.co.kr