• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      経済

      韓国の外貨準備高 3カ月ぶり増加=過去最高更新

      2017/12/05 06:00

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が5日発表した11月末現在の外貨準備高は3872億5000万ドル(約43兆7167億円)で、前月末に比べ27億9000万ドル増加した。3カ月ぶりに増加に転じ、今年8月末(3848億4000万ドル)に記録した過去最高を更新した。

      米ドル紙幣(資料写真)=(聯合ニュース)
      米ドル紙幣(資料写真)=(聯合ニュース)

       最近のドル安の影響で、ドル以外の外貨建て資産のドル換算額が増えたことに加え、外貨資産の運用益拡大が外貨準備高の増加につながった。

       項目別では有価証券が3589億2000万ドルで前月比15億1000万ドル増えた。預金は186億3000万ドルで13億4000万ドル増加。国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)は32億8000万ドルで変動がなかった。IMFリザーブポジションは16億3000万ドルで6000万ドル減少した。金保有は2013年2月から変動がなく、47億9000万ドルとなっている。

       韓国の外貨準備高は10月末現在、世界9番目の規模となっている。中国が3兆1092億ドルで最も多い。次いで、日本、スイス、サウジアラビア、台湾、ロシア、香港、インドの順となっている。

      hjc@yna.co.kr