• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      経済

      韓国文具業界の9割超「ダイソーの影響で売り上げ減」

      2017/09/26 11:04

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国で1000店以上を展開する生活用品店「ダイソー」の影響で国内文具店の9割以上が売り上げを落としたことが26日、関連団体の調査で分かった。

      ダイソー(資料写真)=(聯合ニュース)
      ダイソー(資料写真)=(聯合ニュース)

       国会の産業通商資源中小ベンチャー委員会に所属する李燦烈(イ・チャンヨル)議員(国民の党)によると、国内の文具関連3団体が全国459の文具店を対象に実施した調査で、ダイソーの影響で売り上げが落ちたとの回答は92.8%に上った。全く影響がないとの回答は5.0%にとどまる。

       売り上げが落ち込んだ主な商品群(複数回答)は学用品(52.9%)や生活用品(29.6%)などだった。また、調査対象の文具店の77.8%は、ダイソーは生活用品の専門店に転換すべきだと主張した。

       ダイソーの昨年の売上高は1兆5600億ウォン(約1530億円)で国内大手スーパーのGSスーパーマーケットを1300億ウォンほど上回ったが、流通産業発展法の規制対象ではないため比較的自由に出店できる。

       文具業界は「ダイソーが(大企業の参入を制限する)中小企業適合業種に指定された文具小売業にまで手を広げ、生存が脅かされている」とし、「生活用品店にもかかわらず文具をこれほど多く扱うのは筋が通らない」と指摘している。

       韓国文具工業協同組合など文具の生産・流通関連団体はこの日、ダイソーの出店拡大などに結束して対応するための委員会を発足させる。

       韓国文具工業協同組合の理事長は「政府に業界間の仲裁役を果たしてもらえるよう関連官庁に立場を伝えるとともに、文具業界も共同ブランドを立ち上げ文具産業が目指すべき方向を模索するなどの自助努力をする」と話している。

      tnak51@yna.co.kr