• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      経済

      現代・起亜自の販売台数 今年700万台割れの見通し

      2017/09/10 14:47

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車と子会社の起亜自動車の今年の販売台数が6年前の水準に後退し、700万台に満たないという暗い見通しが出ている。

      現代と起亜の社屋=(聯合ニュース)
      現代と起亜の社屋=(聯合ニュース)

       米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備を巡る韓中関係の冷え込みの影響などで深刻な販売低迷に陥っている中国市場の場合、現地生産能力の半分を下回る130万台販売も不透明な状況だという。

       現代・起亜の関係者は10日、「今年は700万台販売も厳しい状況で在庫が約200万台に上る」と説明した。内部の予想通り、今年の販売台数が700万台を割り込む場合、2011年以来の低水準となる。

       両社の販売台数は09年が464万台、10年が574万台、11年が660万台、12年が713万台、13年が756万台、14年が800万台、15年が801万台、昨年が788万台だった。

       中国市場での販売台数はさらに深刻だ。現代と起亜の中国生産施設の生産能力は265万台だが今年の販売台数は生産能力の半分にも満たない130万台を下回る可能性が高いという。

       また、米国市場では販売台数の減少だけでなく、収益性の悪化が最大の問題として浮上している。今年上半期(1〜6月)の両社の海外販売台数は、中国が前年同期比46.7%減、米国が同8.6%減となった。欧州は同6.5%増加した。

       さらに追い討ちをかけるように、先週以降は現代の中国合弁会社、北京現代と部品メーカーの間で納品代金の支給遅延問題が浮上し、現地工場4カ所の操業中断と再開を繰り返し、生産にも支障が出ている。

      hjc@yna.co.kr