• background
  • 記事一覧
  • 政治
  • 北朝鮮
  • 韓日関係
  • 経済
  • 社会・文化
  • 地方
  • IT・科学
  • スポーツ・芸能
  • background
他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss
記事一覧

      検索

      Search Area
      line

      経済

      韓国10企業グループの時価総額 4.5兆円減=北朝鮮リスクで

      2017/08/13 10:14

      Article View Option

      【ソウル聯合ニュース】韓国主要10企業グループの時価総額がここ10日間で、48兆ウォン(約4兆5800億円)急減したことが13日、分かった。米朝間で軍事的緊張が高まったことを受け、外国人投資家が売り越しに転じたためとみられる。

      北朝鮮リスクで韓国株式市場は下落が続いている(イメージ)=(聯合ニュース)
      北朝鮮リスクで韓国株式市場は下落が続いている(イメージ)=(聯合ニュース)

       財閥情報専門サイト・財閥ドットコムや金融投資業界などによると、主要10企業グループ系列の上場企業の時価総額は11日の終値基準で884兆6190億ウォンと集計された。今月1日に比べ5.15%減少したもので、総合株価指数(KOSPI)に占める割合も0.44ポイント下落した。

       今月に入り、韓国の株式市場は北朝鮮リスクや高値に達したとの判断から、下落基調が続いていた。

       サムスン電子の時価総額は11日現在、289兆5140億ウォンで、1日に比べ28兆ウォン(8.8%)減少した。同期間にSKハイニックスは2兆9850億ウォン(6.3%)減、現代自動車は7710億ウォン(2.4%)減、ポスコは1兆4820億ウォン(5.1%)減となった。

       北朝鮮は米領グアム周辺を狙い中距離弾道ミサイル「火星12」を発射する計画を表明するなど、米国への威嚇を続けている。これに対し、トランプ米大統領も軍事的報復をちらつかせて露骨な対立姿勢を取っており、米朝間で激しい威嚇の応酬が繰り広げられている。

      csi@yna.co.kr