他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

経済

中国が韓国化粧品の輸入不許可 THAADで「報復」か

【北京聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反対し、「報復」とみられる措置を取っている中国が、大量の韓国製化粧品について輸入を不許可としたことが10日、分かった。

エギョンの化粧品売り場(資料写真)=(聯合ニュース)
エギョンの化粧品売り場(資料写真)=(聯合ニュース)

 中国の関連業界によると、品質管理当局である国家質量監督検験検疫総局は今月3日、輸入を許可しない化粧品のリストを発表。許可を得られなかった製品28点のうち、19点(計約11トン)がエギョンやイアソなど韓国メーカーの化粧品や日用品だった。これら製品は全て返品措置が取られた。

 フェイスクリームやエッセンス、クレンジング、パックなど、中国でよく売れるコスメを中心に、歯磨き粉やシャンプーなども含まれている。それぞれ「登録証明書がない」「申告した製品と実際の製品が一致しない」「製品成分の変更」などを理由に不許可となった。業界関係者は、これらは昨年11月に許可を得られなかった韓国製品だと伝えている。

 中国で韓国ドラマや韓流スターと並び、韓国と関連して大きな人気を誇っているのが化粧品だ。そのため、韓流コンテンツを締め出す「禁韓令」を出している中国が、韓国の化粧品を次のターゲットに据えるのではと危ぶむ声が出ていた。

stomo@yna.co.kr