他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

経済

外資系企業55%「韓国の投資環境は劣悪」

【ソウル聯合ニュース】韓国に進出している外資系企業の半数以上が、韓国の投資環境について劣悪だと指摘したことが13日、大韓商工会議所の調査で分かった。

 大韓商工会議所は先ごろ、外資系企業201社を対象に韓国の投資環境に対する認識について調査した結果、韓国内の投資環境が「劣悪だ」との回答が55.2%と、「良い」の44.8%を上回った。

 過去3年間の投資魅力の変化については、「同じぐらい」との答えが47.3%で最も多く、次いで「低下した」が32.9%、「増えた」が19.8%だった。

 投資環境を否定的に評価した企業はその理由として、「政策の一貫性が不足」(32.5%)、「経済の変化要因の変動性」(27.0%)、「過度な規制水準」(23.4%)、「労使対立と反企業的情緒」(10.8%)などを挙げた。

 今年の外国人投資規模については、昨年より「縮小される」が29.4%で、「増加する」の13.9%より多かった。投資規模縮小の理由としては「景気回復の不確実性」が42.4%で最も多かった。

 企業規制関連の法制定が続く場合は「韓国に対する投資縮小を考慮することもあり得る」と考えている企業も49.8%に達した。35.4%は賃金や労働時間短縮など「労働関連の法制定」を最も負担に感じていた。

 また、企業規制関連の法制定が投資環境を阻害しないためには「グローバルスタンダードに合わせた政策推進」が求められるとの回答が38.3%で最も多かった。

hjc@yna.co.kr