聯合ニュース

他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line
上場企業の従業者 全就業者の9.5%に低下=韓国
2013/05/19 11:49 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【ソウル聯合ニュース】韓国で新たに創出される雇用のうち、上場企業が占める割合が2012年に9.5%まで落ちたことが分かった。就業者数が増加したのは引退したベビーブーム世代が自営業などを始めたためで、景気回復のバロメーターとなる上場企業の雇用は増えていない。

 統計庁などによると、上場企業1727社(有価証券市場730社、コスダック市場997社)が3月に提出した事業報告書を分析した結果、2012年事業年度の従業者数は計143万2489人となった。有価証券市場の上場企業は118万8623人、コスダック市場は24万3866人だった。

 ただ、有価証券市場上場企業の従業者数は2010年9.4%増、2011年7.0%増、2012年2.0%増と減少傾向にある。コスダック市場を合わせた上場企業の雇用創出は2010年に11万782人とピークに達したが、2011年8万587人、2012年4万1299人と急減している。

 2010年は2008〜2009年に金融危機で抑えられた雇用需要が増大し、全就業者32万3000人のうち、上場企業が雇用した就業者が11万782人と3分の1を超えたが、2011年には21.3%、2012年には9.5%に下落した。

 一方、上場企業の平均の従業者数は1628.3人となり、前年の1576.2人に比べ約52人増えた。2010年に約104人、2011年に約71人増加したことに比べると、増加幅は大きく鈍化した。

 従業者が最も多い企業はサムスン電子で、9万700人だった。次いで、現代自動車が5万9831人、LG電子が3万6376人、LGディスプレーが3万4657人、起亜自動車が3万2756人などだった。

kimchiboxs@yna.co.kr