聯合ニュース

他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line
韓国の個人負債問題深刻 対所得負債比率が過去最大に
2013/04/24 09:26 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【ソウル聯合ニュース】昨年の可処分所得に対する個人負債の割合は2003年の統計開始以来、最大となる136%を記録し、個人負債問題の深刻さが浮き彫りになった。

 韓国銀行(中央銀行)が24日に公表したデータによると、昨年末時点の個人負債総額は前年比5.2%増の959兆4000億ウォン(85兆1745億円)となり、個人可処分所得総額は同4.1%増の707兆3314億ウォンにとどまった。これにより所得に対する負債比率は136%に達した。

 可処分所得に対する負債比率は個人の負債返済能力を示す。03年は107%、04年は103%だったが、住宅を担保にした融資と可処分所得の伸び率鈍化により05年から8年連続で上昇している。

 昨年は上半期の個人負債の増加率鈍化などで8年ぶりに可処分所得に対する負債比率が減少すると予想されたが、所得が期待ほど伸びなかったことや年末の取得税減免を前に不動産を担保にした貸し付けが増えたことから増加した。

 政府は個人消費を促して景気回復を図ろうとしているが、負債の増加が負担になっている。韓国銀行の金仲秀(キム・ジュンス)総裁は国会の業務報告で「個人負債は限界寸前まで来ている」と危機感をあらわにした。

sarangni@yna.co.kr