他言語ニュースを見る

人気検索ワード:

検索
line
対米輸出企業の73%「韓米FTAは経営にプラス」
2012/06/12 17:19 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【ソウル聯合ニュース】韓国の対米輸出企業と国民の約7割は、今年3月に発効した韓米自由貿易協定(FTA)を肯定的に評価していることが分かった。

 大韓商工会議所が12日、対米輸出企業400社と国民500人を対象に、韓米FTAの効果を調査した結果を明らかにした。

 それによると、企業の72.6%が「韓米FTAが経営にプラスになっている」と回答し、国民の66.8%が「FTAが経済発展に寄与している」と答えた。

 韓米FTAの恩恵としては、「輸出商談の増加」を挙げる企業が59.1%で最も多かった。ただ、米国市場への進出を拡大したか、進出を進めているとした企業は43.8%にとどまった。

 中小企業を対象に、FTAを活用しきれない理由を複数回答で尋ねたところ「原産地の証明・管理が困難」(71.5%)との回答が最も多く、次いで「米国市場への進出ノウハウやネットワークの不足」(52.4%)、「米国市場への進出資金、専門スタッフの不足」(48.6%)などが続いた。

 一方、国民は韓米FTAの主なメリットとして「商品選択幅の拡大」(44.3%)、「輸入品の値下がりに伴う生活物価の安定」(22.7%)などを挙げている。

stomo@yna.co.kr