他言語ニュースを見る

人気検索ワード:

検索
line
昨年の輸入車登録 初の10万台突破=韓国
2012/01/04 17:40 KST文字拡大 文字縮小印刷 つぶやく

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)は4日、昨年の輸入車の新規登録台数が前年比16.0%増の10万5037台を記録し、初めて10万台を突破したと発表した。

 同協会のユン・デソン専務は、「ブランド別の積極的なマーケティング、多様な新車発売、韓国・EU間自由貿易協定(FTA)発効などに後押しされ、初めて10万台を超えた」と分析した。

 ブランド別の登録台数は、BMWが2万3293台で首位となった。メルセデス・ベンツが1万9534台、フォルクスワーゲンが1万2436台、アウディが1万345台と続き、ドイツのメーカーが上位を独占した。

 日本のメーカーでは、トヨタ自動車が5020台、レクサスが4111台、日産自動車が3802台、米国メーカーではフォードが4184台、クライスラーが3316台の順で高い売り上げを記録した。

 欧州車がシェア74.1%を記録する一方、東日本大震災の影響を受け苦戦した日本車は前年比8.4ポイント減の18.0%だった。

 昨年のベストセラー・モデルは前年と同様、メルセデス・ベンツの「E300」。BMWの「520d」と「528」が2、3位と続いた。

 高級車ブランドのポルシェ(1301台)、ジャガー(1016台)、ベントレー(102台)、ロールスロイス(27台)も前年の販売を上回った。

 排気量別では、2000cc未満のシェアが42.2%で、輸入車統計がスタートした1994年以降、初めて2000〜3000cc未満(32.6%)を上回った。

ikasumi@yna.co.kr