他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

聯合ニュースは1年365日、1日24時間、ひと時も休まず国内外の取材網をフル稼働して最新のニュースを入手し、全国の新聞・放送メディアや政府機関、主要企業などはもちろん、海外の契約会社へも幅広く提供している韓国最大の通信社です。政治、経済、社会、文化・芸能、スポーツ、北朝鮮関連など1日に約3000本のニュースを配信しており、世界中で日々起こっている出来事を一目で見られるようサービスを行っています。

2003年に施行された「ニュース通信振興に関する法律」により国家基幹通信社に指定され、「国家的な知識財産を蓄積する」という使命感のもと、国内と海外特派員を合わせ580人余りの記者が、今日も世界の現場を取材しています。また、韓国内の出来事を世界の人々に伝えるため、英語はもちろん、中国語や日本語など、海外6カ国語でニュースを発信しています。  


1945年の日本の植民地支配からの解放とともに誕生した数社の通信社を出発点として、40年近くの歴史を刻んできた「東洋」と「合同」という2大通信社の統合によりスタートを切った聯合ニュースは、国内外の最新情報やニュースを迅速かつ正確に伝えることで、顧客の利益と国家の発展に寄与する組織を目指しています。1988年のソウルオリンピックを前に国内では初めて記事の作成・送稿をすべて電算化したほか、インターネット時代を迎えた現在では、正確なニュースや情報コンテンツの作成により健全なネット文化の定着にも努めています。

ソウルオリンピックや2000年のアジア欧州会議(ASEM)、2002年の韓日共催ワールドカップでは主管通信社としての役割を果たすなど世界的な知名度も高まっており、さらなる発展に向けサービス拡大にまい進します。


聯合ニュースは東京やワシントンをはじめ、パリ、モスクワ、北京など世界31カ国の39地域に計60人の特派員や通信員を置き、世界のニュースを迅速かつ詳細に、国内に伝えています。

特に、米国のAPとUPI、英国のロイター、フランスのAFP、ドイツのDPAなど欧米の主要通信社以外に、日本やロシア、東欧、中国、中東など世界78の通信社とニュース交流協定を締結。世界と韓国をより近づける懸け橋となっています。

また、2002年12月には北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)ともニュース交流協定を結び、北朝鮮のニュース配信も開始するなど、南北間の理解増進の一翼を担っています。


聯合ニュースは、韓国内で起こったニュースを海外に伝える窓口の役割を果たしています。政治、経済、社会、文化など多岐にわたる出来事を世界に向けて発信する「外国語ニュースサービス」は、先進国入りを控える韓国の世界的な立場の向上とともに、その重要性がますます高まっています。

聯合ニュースの国際局は韓国の重要ニュースを英語、中国語、日本語、アラビア語、スペイン語、フランス語で発信しており、日々発展し続ける韓国の姿を世界78カ国の通信社、約160の在外韓国公館、主要な国際機関などに提供しています。ウェブサイトを通じて全世界に向けリアルタイムでニュースを提供し、韓国を世界に伝えることにも取り組んでいます。


聯合ニュースは韓国メディアの中では最大規模の地方取材網を保有。全国13の取材本部に約140人の取材記者を置き、国内各地で起こった出来事を迅速に報道しています。特に「地方の時代」の先兵としての立場を自認し、地域住民の利益増進や地域社会の発展に向けて豊富な記事を提供していくことで、地方の均衡発展や地域間の交流促進にも貢献していきます。


聯合ニュースは2002年、北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)とニュース交流協定を結び、北朝鮮関連ニュースをほかのメディアより迅速に供給しています。北朝鮮のラジオやテレビ、インターネットメディアを24時間態勢でモニタリングする専門人材を配置するなど、世界最高水準の北朝鮮取材力を誇っています。 特に、2006年からは韓国メディアでは初めて、中国の東北3省に常駐の特派員を派遣しています。

北朝鮮の金正恩第1書記が金正日総書記の後継者に指名されたことを2009年1月に世界で初めて報道し、2001年以降8年間、受賞者がいなかった韓国記者賞大賞を受賞したのをはじめ、各種の記者賞を獲得しました。 一方、初代の東北3省の特派員として派遣された趙啓彰記者が2008年、取材中に不慮の事故で死亡したことを受け、韓国記者協会と共同で「趙啓彰国際報道賞」を制定しています。