韓国ニュースのハブ、聯合ニュース 世界トップ10のグローバルニュース通信社に飛躍します。

CEOあいさつ

こんにちは。

聯合ニュースは全世界で起きる様々なニュースをリアルタイムで発信する韓国を代表するニュース通信社です。

聯合ニュースは「ニュース通信振興に関する法律」により韓国の国家基幹ニュース通信社に指定され、情報主権と国民の知る権利の保護、情報格差の解消などといった「公的責務」を負い、業務を遂行しています。

聯合ニュースは韓国の報道機関の中で最も広範囲な取材網を持ち、1日3000件以上のニュースコンテンツを生産して、国内外に発信しています。

また、国際社会で発生した主なできごとを独自の視点で国内外に伝えることにより、情報主権を保護しています。さらに韓国のニュースを英語、中国語、日本語、アラビア語、スペイン語、フランス語の6カ国語で発信することにより、大韓民国を広報する窓口の役割を担っています。

聯合ニュースが生産したニュースは新聞やテレビだけでなく、パソコン、モバイル、IPTV(インターネットテレビ)など多様な新しいメディアによっても伝えられ、国民の知る権利を守ることに寄与しています。

聯合ニュースはこのような責務を深く認識し、公正・中立な立場で、迅速かつ正確なニュースを届けることによって国家基幹ニュース通信社の役割を忠実に果たしていきます。

われわれは聯合ニュースを応援してくださる国民の期待に応え、より正確で品格のあるニュースを提供することを約束します。国力にふさわしいグローバルニュース通信社に発展するためにも力を注ぎます。

聯合ニュース取締役社長 朴魯晃(パク・ノファン)